スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ゲーム制作日記 最終回 【WOLF RPGエディター】
Chapter07:基本システムを使わずに作ったゲームをリメイクします。

最終回:ゲームも完成、ブログも終わり。


訳あって、インターネットが利用不可能な状態でした。
どうにかまた使えるようになったので、2ヶ月ぶりに更新します。

そして、これが最後の更新となります。

ネットが使えない間に、オフラインで作れるところは全て作り終えてました。11月の最初には、すでに作業は終わってました。
で、ネットが使えるようになった後、急いで必要な素材を集めて、完成に至りました。

もうね、さすがにブログのアクセス数は0か1になってるだろうなと思ってて、もし本当にそうなってたら静かに全部消すつもりでいましたが、2ヶ月前とあんまり変わってなかったので、最後までやることにしました。


さて、本題に入ります。

まず、タイトル画面はこちら。
ウディタ7-8-1
ご覧の通り、タイトルは「ヒトツメ」です。

ジャンルは……どうなるのかな? ホラー? いや、脱出系ホラー? まぁとにかく、変なところに閉じ込められた主人公とその友達を、無事に元いたところに脱出させてあげてよ、というゲームです。
物語は、有って無いようなものです。恥ずかしいので、詳しくは書きません。

自分でテストプレイしてみて分かったのは、説明不足なゲームだな、ってことです。
私は作者なので、どうすればクリアできるのか理解できてますが、何も分からない状態でプレイする人にとってこれは、結構難解なはずです。

別に、難解な謎解きがあるとか、そういう「ゲームの魅力」に関してのハードルを上げるような意味じゃなくて、ただ単に、「は? なにこれ? どうすりゃいいの?」ってなる感じです。正直、イライラすると思います。

けど、ここはあえて、説明不足のままにしときます。
もしもプレイしてくれる人がいたら、その人にここで言っておきます。
「自分でなんとかして下さい」って。

バグ的な問題は、たぶん無いと思います。いつもよりは真面目にテストしたので。
ただ、時々どこかしらの表示が変になったりは、もしかしたらあるかもしれません。
あるかもしれませんが、仕様です。

いや、間違えました。仕様じゃなくて、それが私の実力です。
もしも万が一、ゲーム続行不能のような致命的なバグがあったら、教えて下さい。ブログの更新は終わりですが、年明けまでは、コメントはチェックするので。

それを直せるかどうかは、別の話ですが。

で、肝心のゲームは、⇒こちらからダウンロードして下さい。(別窓)
公開期限はありません。アップローダー側で消されない限りは、ずっとダウンロード可能な状態です。


じゃあ、最後にちょっとコメントを。ここから下は、別に読まなくてもいいです。

正直にぶっちゃけますと、もうね、熱が冷めました。あれだけあったゲーム制作に対する熱みたいなのが、1ヶ月くらいウディタを触らなかっただけで、すーっとなくなっちゃったんですね。

それも、ブログをやめる理由の一つですが、理由はもう一つあります。

このブログを作る動機というか、目標みたいなのを、達成したんですね。
「ウディタで何か一本ゲームを作る」って感じの目標だったと思うんですが、ああ、もう達成したな、と。

だから、終わり。

公式サイトでは、ウディタ2なるものが公開され、皆さんお楽しみのことと思われます。
私も、ネット再通後、すぐにダウンロードしました。ダウンロードしただけですが。
もしかしたら、そのまま放置ってことになるかもしれません。

……というわけで、このブログはこれで終わりです。

これからも、何かしらの作品(ゲームではないと思います)を作って、ネットのどこかで目立たぬよう、静かに活動を続けていきます。
もしも、どこかで「海野ゆーひ」という名前を見かけたら、「ああ、なんかどっかで見たような名前……かな?」くらい思ってくれるとちょっと嬉しいです。


じゃあ、そういうことで。さようなら。

このブログに来てくれた人、素材サイトの管理人さん達、そしてウディタの作者の人、ありがとうございました。

スポンサーサイト
スレッドテーマ [ ゲーム … 日記・雑記 ]
12/18 21:38 | 挑戦編2 | 
ゲーム制作日記 第105回 【WOLF RPGエディター】
Chapter07:基本システムを使わずに作ったゲームをリメイクします。

第7回:とりあえずメニュー画面完成


前回は、キャラチップについてやりました。

今回は、中断してたシステム関連の続きです。


メニュー画面のレイアウトと、6つあるコマンドの内2つはすでに形ができていました。
で、残りの4つのコマンドを作る作業に戻ったわけです。

残るコマンドは、「霊体」「イベント」「プロフ」「タイトルへ」の4つ。

結果から言うと、特に問題なくこの4つのコマンドは完成させられました。
わざわざ画面キャプチャして載せるほどのものでもないです。

でも、各コマンドの概要くらいは書いておきます。

まず「霊体」コマンドから。

このゲームには、霊体になってしまった人たちが出てきます。そういう人らを仲間に、っていうか、同行させられるんですね。
このコマンドからは、現在同行中の霊体の一覧を見ることができます。

「イベント」コマンドについて。

プレイヤーが、ゲーム内で達成したことを一覧表示します。
例えば、上にも書いた霊体の件で、「霊体を○○人発見した」とか、「○○と出会った」とか、「ノーセーブ達成」とか、そういう記録を見れるコマンドです。

「プロフ」コマンドについて。

これは、たぶん以前書いたと思うんですが、主人公とその友人の簡易プロフィールを見ることができるという、ただそれだけのあんまり意味のないコマンドです。
名前とか年齢とか、そういうごくごく普通のことしか載ってません。簡易、なので。

「タイトルへ」コマンドは……そのまんまです。
タイトル画面に戻りますか→はい→タイトル画面へ、です。

この中で一番時間がかかったのは、「霊体」コマンドです。


ウディタ7-7-1
こんなふうに、30個のマスがあって、1つ1つ赤い顔が表示されてるんですが、この顔のドット打ちに意外と時間がかかりました。

赤い顔と、青い顔があります。
赤い顔は、まだ霊体を同行させていないマスで、青い顔が、同行させているマスです。
全部で30人分のマスがあります。

上の大きな四角は、左があるキャラの顔グラで、右のウィンドウにそのキャラのメッセージが表示されます。

顔グラのとこに、これ、カーソルがあるんです。
で、下の小さいマスも全部選択できるようになってるんですね。
同行させている霊体がいる場合に選択すると、下の説明ウィンドウに、その霊体の情報が表示されます。

ああ、それと、メニュー画面もほぼ完成しました。

右上に現在地、左のメニューコマンド一覧下に歩数が表示されるようになりました。


ウディタ7-7-2
タイトル画面は、まだこんな感じです。左上のは気にしないで下さい。

今回は、選択肢を横に並べてみました。選択している文字が、白くなります。
まだまだ未完成です。あと、ゲームタイトルと、一応イラストも付けないといけません。


ウディタ7-7-3
セーブ画面はこんな感じ。セーブデータは全部で5つにしました。

セーブすると、

ウディタ7-7-4
こうなります。
左から、「セーブ場所」「プレイ時間」「歩数」「霊体数」「イベント数」を表示しています。

リメイク前は、ほとんど何も分からない状態で作ったので、セーブとロードが別コモンになってました。
今回は、セーブとロードは1つのコモンで作ってあります。
セーブかロードか呼び出して使う感じです。

以前は、とりあえず動けばいいみたいな感じで、無駄に複雑にして組んでましたが、今回はとてもシンプルな感じでコモンを作ることができました。

やっぱり、前回、前々回のチャプターでいろいろいじってみたのは無駄ではなかったですね。知らぬ間に、いろいろ覚えてます。


これで、とりあえずシステム周りは一段落ですね。まだ細かいところに問題はありますけど、記事にするのはここまでとします。

現在、ゲーム中にある全ての会話イベントのセリフを考えてます。もう結構書き直しました。推敲が大変です。
リメイク前と比べると、かなりセリフの量が増えているので、それなりに時間がかかりそうです。

まぁ、楽しいからいいんですけどね。


じゃ、また何か進んだら記事を作ります。

スレッドテーマ [ ゲーム … 日記・雑記 ]
10/17 21:30 | 挑戦編2 | 
ゲーム制作日記 第104回 【WOLF RPGエディター】
Chapter07:基本システムを使わずに作ったゲームをリメイクします。

第6回:キャラチップを揃える


前回は、マップ作りについてやりました。

今回は、キャラチップについてです。


ふと気付きました。
主人公とその友達のキャラチップしか用意していないことに。

サブキャラクターの名前を決めたところで、「あ、キャラチップないわ」、ってなりまして、そんなら急いで作らないと、ってなったんです。

たぶん、第1回で「私、ここでキャラチップ作りました」みたいな感じで、とあるサイトをご紹介させていただいてたと思うんですが、サブキャラも全部そこで作ります。

必要なのは5人分。
貴族と、その奥さんと、メイドと執事と庭師の5人。
これは、ほぼ問題なくできました。

執事と庭師は、パーツ不足で思うようにいきませんでしたが、どうにかしました。
ちょっとおかしなところは、自分で直しましたし。

さてさて、問題は敵です。敵のキャラチップ。
一つ目のモンスターのキャラチップが必要なんです。

リメイク前のは、フリー素材で使えそうなのを拾ってきて、自分で一つ目を付けて使いました。
今回も、その方法でいきます。ちょうど良さげなのを見つけましたんで。


ウディタ7-6-1
これが、拾ってきたままのキャラチップ。どうやら、RPGツクール用のご様子。
白螺子屋

使うのは、このポインタで指してる影みたいなヤツね。

ここだけ切り取って新しくpngを作って、背景を透過処理して使ってみたんですが、どうも挙動がおかしいんですね。

何がおかしいのか、ってのを説明するために、とりあえずこの画像を載せます。

ウディタ7-6-2
これは主人公のキャラチップです。

これと上のを見比べてみると、2~4段目のキャラの向きが違っちゃってますね。
上のは、右、後ろ、左の順ですが、下のは、左、右、後ろの順です。

ウディタで不具合なく使うには、下の画像と同じパターンでなければいけません。
つまり、自分で並び替えしないといけないんですね。

もちろん、何かしらのアプリを駆使して、自力で切り貼りして並び替えても問題ないです。
私は、最初自力でやりました。

でもね、あることに気付いたんです。

RPGツクール用規格のを、ウディタ用規格に変換して下さるアプリがあったじゃないかと。
そう、「tkool2WOLF」です。今回は、「tkool2WOLF+」を使いました。

こいつに元画像を突っ込んで、変換するだけで……

ウディタ7-6-3
はい、できあがり。自力でせっせと加工したのがバカみたいですよ。なぜこのアプリの存在を思い出さなかったのか。

あとはこれを640×480用に拡大して、「EDGE」で目玉を付けたら完成です。

ウディタ7-6-4
こんな感じになりました。

歩かせると、まばたきしてるみたいになります。


マップもキャラもできたところで、そろそろシステムの方に戻りましょうかね。
なんか、前回もおんなじようなことを書いたような気がしますけど。

ほかのコマンドと、あとはセーブ&ロードですね。
そのために、タイトル画面も必要かな。ちゃんとロードできるか確かめる的な意味で。


じゃ、また次回の更新で。

スレッドテーマ [ ゲーム … 日記・雑記 ]
10/14 21:27 | 挑戦編2 | 
template design by takamu
Copyright © 2006 海野ゆーひ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。